Medicals

より安全な管理をめざして麻酔・手術の管理

麻酔・手術の管理去勢や避妊など健康時に行う手術でも、
変わらぬレベルの麻酔・手術管理を実施します。

術前の管理・・・体調面の評価と器材の滅菌

麻酔をかけられるか否かを評価する。

  1. PS(Physical Status、フィジカルステイタス)を評価する。

    PSは1~5までの段階があり、PS1は健康、PS5は24時間以内に死亡すると思われるもの。これはリスクを評価するためのもので、ASA(アメリカ麻酔学会 American Society of Anesthesiologists)で決められている評価基準です。

  2. 血液検査(CBC、生化学、電解質、血液塗抹)、X-ray、心電図、血圧を評価する。
猫の心電図検査
猫の心電図検査
血圧計
血圧計
  1. 必要に応じてエコー検査、内分泌ホルモン検査、眼科検査、尿検査、糞便検査などを追加することもある。

手術に用いる器材、器具は滅菌した物を準備する。

滅菌した術者、助手用の手洗い用ブラシ、ガウン、滅菌手袋。 滅菌した術者、助手用の手洗い用ブラシ、ガウン、滅菌手袋。
消毒滅菌した気管チューブ。 消毒滅菌した気管チューブ。

術中の管理・・・酸素化とモニター ソノサージ、保温

麻酔に入る前には、充分な酸素を吸入させ体内の酸素化を計る。

体全体の十分な酸素化を行っているところ。 体全体の十分な酸素化を行っているところ。

体温の低下に対する保温対策も行う。

手術中に使用する保温用マット、ペットサーム(Veterinary Warming Systems)。
無音で使用できるので、ペットやスタッフにとってはノンストレス。 手術中に使用する保温用マット、ペットサーム(Veterinary Warming Systems)。
無音で使用できるので、ペットやスタッフにとってはノンストレス。
more
体の下には、保温用マット、ペットサーム(Veterinary Warming Systems)を敷き、手足の先には、保温用に毛糸の靴下を、また、術中は術部を除いて、体全体に清潔な毛布をかけて保温に努める。 体の下には、保温用マット、ペットサーム(Veterinary Warming Systems)を敷き、手足の先には、保温用に毛糸の靴下を、また、術中は術部を除いて、体全体に清潔な毛布をかけて保温に努める。

術中は、麻酔記録を取りながら麻酔深度の調節を計る。

麻酔記録 麻酔記録
モニター モニターは、心電図、心拍数、SpO2(血中酸素飽和度)、EtCo2(呼気終末二酸化炭素分圧)、呼吸様式、血圧(最高-最低、触知圧)、体温、聴診、粘膜の色、出血などについて行なう。
手術中のモニター風景 手術中のモニター風景
心電図、SpO2(血中酸素飽和度)、EtCo2(呼気終末二酸化炭素分圧)、呼吸様式、血圧(最高-最低、触知圧)、体温、聴診、粘膜の色、出血などについて行なう。

手術に当たっては、超音波手術装置(ソノサージX、オリンパス社)を使用する。

ソノサージ シザース
最大のメリットは、
  1. 手術時に縫合糸を使わないため、体内に糸を残さない
    縫合糸反応を回避できる)
  2. 出血量が少ない
  3. 手術時間が大幅に短縮できる
当院では、去勢や避妊の健康体に行う手術でもソノサージを用います。

皮膚の縫合には、ステイプラーを使用する。

ステイプラーを用いることで、術部の皮膚縫合は短時間で終わり、手術時間を大幅に短縮できる。
術部皮膚の血流を障害することは少なく、仕上がりもきれいで、メリットは大きい。 ステイプラーを用いることで、術部の皮膚縫合は短時間で終わり、手術時間を大幅に短縮できる。
術部皮膚の血流を障害することは少なく、仕上がりもきれいで、メリットは大きい。

白内障、緑内障、角膜などの眼科の手術では、眼科用手術顕微鏡(ライカ)を使用する。

Leica M822(手術用顕微鏡) Leica M822(手術用顕微鏡)

術後の管理・・・鎮痛処置と酸素ルーム

鎮痛処置: 手術の後半で注射等による鎮痛処置を施す。

術後の痛みを軽減させることで、生体はとても楽になる。 術後の痛みを軽減させることで、生体はとても楽になる。

酸素ルーム:手術が終わったあとは酸素ルームに移り、覚醒させる。

酸素ルームには、1~2時間ほど置く。
当院では、去勢や避妊など健康体に行う手術であっても、術後には一定時間酸素ルームで過ごします。 酸素ルームには、1~2時間ほど置く。
当院では、去勢や避妊など健康体に行う手術であっても、術後には一定時間酸素ルームで過ごします。

健康体への手術であっても、変わらぬレベルの麻酔・手術管理を施します。

日曜日午後2:40~4:10は猫の診療予約を行っています。診療時間 緊急時は、休診日(木曜、日曜午後、祝日)でも診療を受付けます(休日診対応)。042-349-7661へお電話ください。 ネコの予約診療