Medicals

痛みの軽減を通じてQOL(クオリティオブライフ)の改善を計る。緩和ケア

病気による痛みや不快感などを軽くしたり、取り除くケアのことを 『緩和ケア Palliative Care(パリエイティブケア)』 と呼び、最近、注目されています。

当院では、依然から病気のペットが持つ 『痛み』 を軽減させるという点に強く注目しています。
激しい痛みを和らげる、呼吸の苦しみを和らげる、治療による副作用を和らげる、激しい痒みを和らげる、などがあり、飼主様やご家族の不安を和らげるためのカウンセリングもこれに含まれます。
従来は、終末治療の中での位置付けでしたが、当院では "早期から適切に" をモットーに、日常の診療の中に早くから取り入れております。

方法としては、レーザー照射療法、抗炎症療法、鎮痛剤、麻薬(モルヒネなど)の使用(注射、のみ薬、貼り薬、座薬)があります。激しい痛みには、椎間板の痛み、術後の痛み、癌や腫瘍の痛みのほか、歯の痛み(虫歯、歯肉炎など)、目の痛み(角膜潰瘍、白内障、ブドウ膜炎、緑内障など)、骨折、広範囲の火傷、尿道結石などの痛みがあります。
呼吸の苦しみには、肺の腫瘍、肺炎、貧血など、皮膚の激しい痒みには、外部寄生虫や寄生体による皮膚炎などがあります。
痛み、苦しみ、痒みなどの症状を和らげることは、このようなストレスからの解放を意味し、動物はとても楽になり、治療効果が上がるだけでなく、QOL(クオリティオブライフ)を高める上でも大変効果的です。

レーザー照射療法
レーザー照射療法
レーザー照射療法
レーザー照射療法
鎮痛剤
鎮痛剤
術後の痛みを抑えることは極めて大事なこと。
術後の痛みを抑えることは極めて大事なこと。

日曜日午後2:40~4:10は猫の診療予約を行っています。診療時間 緊急時は、休診日(木曜、日曜午後、祝日)でも診療を受付けます(休日診対応)。042-349-7661へお電話ください。 ネコの予約診療