Medicals

循環器科(認定医による診察)

循環器科予約診療のご案内

当院では毎週金曜日に、循環器認定医による予約診療(初診、再診共)を行っています。
基本的に鎮静や麻酔の処置は行いません。

こんな所見、症状はありませんか?
心雑音が聴取される、咳込む・咳が出る、疲れやすい、散歩したがらない、呼吸が早い、突然失神する、舌の色が青紫になる(チアノーゼ)、お腹に水が溜まる(腹水)など

ペットの高齢化に伴い、心疾患を患うペットは増えています。上記のような症状が見られる場合、心疾患の可能性があります。
より的確な治療を行うために、循環器科認定医による診察をお勧めしています。

受診の流れ
  1. 電話(042-349-7661)、FAX(042-349-7662)、またはご来院にてご予約ください。

    交通アクセスはこちら

  2. 午前の検査では当日の朝絶食、午後の検査では軽い朝食後、絶食となります。
  3. 診察・検査は 毎週金曜日、午前2枠、午後2枠です(全て予約制)。
    午前 1. 9:30~
    2. 11:00~
    午後 3. 14:00~
    4. 15:30~
    診察、検査、説明には 1.5時間~2時間ほど必要となります。
  4. データを解析し評価した後に、認定医から診断と今後の治療についてご報告させていただきます。
  5. 状況によっては半日のお預かりとなる場合もございます。
検査の内容

1. 問診、身体検査(視診、聴診、触診など)

ふだんの生活の変化、食欲、元気の具合、オシッコ、ウンチの様子のほか、咳の具合などをお聞きします。
心雑音の有無、程度、体表の異常、体内の異常を診ます。

2. 超音波エコー検査(心臓系)

心臓の構造、血管系の異常、血流の速さなどを診ます。

3. 血圧検査

高血圧症や低血圧症の有無をチェックします。
高血圧は、目、脳、心臓、肝臓にダメージを、低血圧は循環不全を引き起こしますので、適切な血圧になるように対処を提案致します。

4. 心電図検査

不整脈の有無を検査します。

5. レントゲン検査

心臓の形、大きさ、肺、胸腔内の状態を検査します。

6. 血液検査

全身の状態、各臓器の状態を把握します。

7. その他、必要に応じて 尿検査、内分泌検査などを実施することがあります。

尿の性状~スティック~尿沈渣の検査、内分泌機能としての甲状腺、副腎などのホルモン検査を行います。

ご紹介病院様へ

循環器系に問題を持つペット症例のご紹介も受け付け致します。
こちらの受け用フォームにご記入の上、ご連絡、ご紹介ください。

心不全

犬の慢性心不全 心臓の拡張が顕著に見られる。
犬の慢性心不全 心臓の拡張が顕著に見られる。

高血圧症

高血圧症の猫とその子に見られた網膜はく離(右の写真)。
高血圧症の猫とその子に見られた網膜はく離(右の写真)。

腎不全

急性腎不全は良くなることが多い。
慢性腎不全は良くなったらその状態を維持療法でつなぐことが大事。
急性腎不全は良くなることが多い。

慢性腎不全は良くなったらその状態を維持療法でつなぐことが大事。
慢性腎不全の猫 尿の色は薄いのがこのタイプの特徴。
慢性腎不全の猫 尿の色は薄いのがこのタイプの特徴。

ISFMリンク

日曜日午後14:40~16:10は猫の診療予約を行っています。診療時間 緊急時は、休診日(月曜、木曜、祝日)でも診療を受付けます(休日診対応)。042-349-7661へお電話ください。 ネコの予約診療