Medicals

救急(緊急)

飲み込んだ(おもちゃ、金属、ボール、靴下、携帯電話、硬い骨、竹串、電池、おむつなど様々なものがある)

誤飲に気づいた時点でなるべく早く吐き出させることが大事です。特に、紙おむつなどは水分を吸って胃の中で膨らむことがあります。誤飲後20~30分以内に催吐処置が行えれば、吐き出す可能性は高いです。ご来院の際は、飲み込んだ物と同じ物、あるいは吐き出した物をご持参いただけると参考になります。

スーパーボールの飲み込み
スーパーボールの飲み込み
電池の飲み込み
電池の飲み込み
くつしたの飲み込み
くつしたの飲み込み
オムツの飲み込み
オムツの飲み込み

耳の中に綿棒の先が入った(残ってしまった)

綿棒の先が折れて耳の中に残ってしまった。
処置中に湿った綿棒は先が抜けたり、折れやすい。
綿棒の先が折れて耳の中に残ってしまった。
処置中に湿った綿棒は先が抜けたり、折れやすい。

目が飛び出た(ケンカでの咬みキズ、落下、交通事故などがある)

先ずは飛び出た眼球を中に収めることが大切です。大至急、病院へ連れてきていただきますが、ぬれたハンカチ、タオルなどでやさしくカバーし乾燥しないようにしてご来院下さい。治療に当たっては、反対の目に対する観察とケアも大切なポイントです。

出た眼球を中に治めることが大切。
出た眼球を中に治めることが大切。

息が早い、苦しい(肺の腫瘍、胸水、膿胸、肺炎、気胸などがある)

猫の肺の腫瘍
息苦しくなり、呼吸が速くなる。
猫の肺の腫瘍
息苦しくなり、呼吸が速くなる。

けいれんが出た

てんかん、心不全などがある。

日曜日午後2:40~4:10は猫の診療予約を行っています。診療時間 緊急時は、休診日(木曜、日曜午後、祝日)でも診療を受付けます(休日診対応)。042-349-7661へお電話ください。 ネコの予約診療