Medicals

一般内科

痛み-激しい痛みを伴う疾患

椎間板の痛み、術後の痛み、癌や腫瘍の痛みのほか、歯の痛み(虫歯、歯肉炎など)、目の痛み(角膜潰瘍、白内障、ブドウ膜炎、緑内障など)、骨折、広範囲の火傷、尿道結石などの痛みがある。
呼吸の苦しみ、痛みには、肺の腫瘍、肺炎、貧血など、皮膚の激しい痒み、痛みには、外部寄生虫や寄生体による皮膚炎などがある。
more

嘔吐や下痢 食欲や元気の低下

嘔吐や下痢はとてもつらいものです。
水分や電解質を失って悪循環に陥りやすい。
嘔吐や下痢はとてもつらいものです。
水分や電解質を失って悪循環に陥りやすい。

肝障害

腫大した大きな肝臓。(レントゲン写真)
腫大した大きな肝臓。(レントゲン写真)

腎不全

腎不全には、急性と慢性があり、どちらのタイプかを診断する。
慢性腎不全では写真のように尿は色も臭いも薄くなる。
腎不全には、急性と慢性があり、どちらのタイプかを診断する。
慢性腎不全では写真のように尿は色も臭いも薄くなる。

糖尿病

犬では糖尿病性白内障を伴うことが多い(両眼性)。
犬の糖尿病では、両眼性の糖尿病性白内障を伴うことが多い。

てんかん

放置せず積極的に止める対策を講じていくことが大切である。
発作が起こった日時、発作が続いた時間、動画での記録を撮る。
飼主様にあっては、その子用の『てんかんノート』を作り、こまめに記録を残すことが大切。
治療に大いに役立ちます。

吐血や下血

出血の原因、要因を探り、出血を止める必要がある。
出血の原因、要因を探り、出血を止める必要がある。
more

びっこ(跛行)

リウマチ様疾患
リウマチ様疾患
コーギーでは変性性脊髄症に要注意。
コーギーでは変性性脊髄症に要注意。
more

甲状腺機能異常

様々な症状が出る。高齢の子に多い。
採血して甲状腺ホルモン値を計測する(犬、猫)。
様々な症状が出る。高齢の子に多い。
採血して甲状腺ホルモン値を計測する(犬、猫)。

副腎機能異常

お腹の皮膚の脱毛や薄くなることがあり、感染症にもかかりやすくなる。
採血して甲状腺ホルモン値を計測する(犬、猫)。
お腹の皮膚の脱毛や薄くなることがあり、感染症にもかかりやすくなる。
採血して甲状腺ホルモン値を計測する(犬、猫)。
犬のクッシング症候群とアカラス症の治療の前後
犬のクッシング症候群とアカラス症の治療の前後

日曜日午後2:40~4:10は猫の診療予約を行っています。診療時間 緊急時は、休診日(木曜、日曜午後、祝日)でも診療を受付けます(休日診対応)。042-349-7661へお電話ください。 ネコの予約診療